二村学は外部スタジオでのレコーディングの他に、自宅でのレコーディングも承っております。

 

現在、真空管アンプ(HIWATT BASS100)とダイナミックマイク(SENNHEISER  MD421MK2、E602II. SHURE  SM57)を使った本格的なアンプレコーディング、AVALON U5を使ったライン録音の2系統がレコーディング出来ます。

 

作家や編曲家にとって自身の楽曲は作品であると同時に名刺そのもの。

 

「今より楽曲の質を良くしたい!けど今回の案件は予算が余りない・・」

そんな時、自宅レコーディングを依頼して、低予算で楽曲を今より何段階もグレードアップしませんか?

 

納期は繁忙期でなければスケジュールご相談の後、最短でお届けします。(日によっては即日納品も可能です)

金額はその内容・スケジュール・予算にも左右しますが最安で\10,000(源泉別)から承ります。

まずはお気軽にnimura517@gmail.comまでご連絡ください。

 

ご依頼の流れ

 

・上記のアドレスにご連絡頂く。簡単な概要お知らせ頂くと助かります。

・内容や納品時間などを合わせて計算してこちらから金額の確認を致します。

(例えば納期は1~2週間、提出用のデモやコンペ楽曲などの場合1万円。スケジュールに寄り可不可ありますが即日や内容により最大2万円となります)

・金額に問題なければレコーディングスタート。データでの納品になります。この際、楽曲データやフォーマット形式をお知らせください。(48/24から96/32まで対応しております)

・リテイク箇所があれば何度かやりとりします。どうしても録音してからの確認になるので、初めに楽曲のイメージやMIDIデータなどあると、やりとりは少なくなると思います。(音はどういう感じが良いのか、MIDIを完全コピーしてほしいのか、逆にアイディアが欲しいのか)

・問題なければ納品、終了になります。その後ご依頼主様宛に請求書を発行致しますので、必要な情報をお教えください。

 

 

 

以下にサンプルを用意しました、ご依頼の参考にしてみてください

 

ロック系のサンプル

(順にMIDI、ライン録音のみ、アンプ・ラインのミックス)

https://soundcloud.com/mullahnin/bass-sample

 

 ボサノバ系のサンプル

(順にMIDI、ライン録音のみ、アンプ・ラインのミックス)

 https://soundcloud.com/mullahnin/bass-sample2

 

比較対象にMIDI打ち込みを入れておきました。

 

MIDIは手軽に打ち込め修正できる分手軽ですがうまく打ち込まないと楽器本来のニュアンスになりません。

ライン録音のみは一聴した限り音も大きく聞こえますが、低音が少し少なくなっていて相対的にミッドが上がって大きく聴こえます。これが所謂ライン臭い・前に張り付いてしまう原因のひとつです。

これにアンプをマイク集音したものを混ぜるとこのようにラインにはなかった低音や高音の質感がミックスされ、エレキベースらしい音が完成します。

 

いくらプロのエンジニアがミックスしたとしても、元々ない音を再現するのは難しいです。

例えば元々ない倍音にいくらEQしても良い変化をしなかったり、ライン録音をいくらシミュレーターで音作りしても前に張り付いてしまったり。

 

エンジニアでなく作家の方でも実際にミックスしてみてそのミックスのしやすさ、楽曲の変化を実感できると思います。

極端に言いますと、何もしなくても楽曲になじむ感覚があると思います。

きっとご満足いただける結果になると思います。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございます。

あなたのご依頼、お待ちしております。

 

二村学

nimura517@gmail.com