PROFILE

二村学(nimura manabu)

1985/08/17

サウンドプロデューサー/ベーシスト/作編曲家

株式会社ハートカンパニー所属(https://www.heart-company.co.jp/

 

14 歳からギターを始め、20 歳からベースに転向

ベーシスト宮下智氏に師事

学生時代からバンド活動をしつつ、23歳頃からプロとしても活動を始める

ロックサウンドからジャズラテン、オールディーズから最新の音楽まで幅広く対応

ヴィンテージ楽器に造詣も深く、機材愛好家。

音楽・映画・本・漫画・アニメ・ゲーム等を好む、サブカル寄りの楽器弾き。

 

又、サウンドプロデュース業務として

主に楽曲のアレンジ、レコーディングやライブでの楽器の選定や音作り

歌や演奏のディレクション等を担当します

ロデュースは一方的なものではなく、バンド・アーティストが持つ才能や個性を引き出すもの

 

心に強く残る。 そんな作品を共に作っていけたらと考えています

 

 

■プレイヤーとして

2013年頃から現在まで、ソニー・ミュージックエンタテインメント所属「supercell」のレコーディン グ、またcomposer、ryoのサイドワーク「EGOIST」や「Tia」、他アーティスト楽曲提供曲に渡るまで 参加。

 

れと平行してSpace Shower Music所属「古川本舗」のレコーディングにも2010年頃から参加。

2013年頃から「Fullkawa Head.Q.Music Group」としてレコーディング・ライブ・他アーティスト楽曲 提供曲にも参加している。2015年末活動休止。

 

2016年頃から茅原美里、TRUE、田所あずさ等、株式会社ランティス所属アーティストのライブレコーディングに参加している。

 

又、現在までに様々なアーティスト・声優のライブ、レコーディング等に参加している。

 

 

■作曲・編曲家として

2015年こゑだ「Nice to meet you.」 全楽曲supercell ryoと共同編曲

2017年こゑだ「モンシロチョウ」1曲ryoと共同編曲、2曲単独編曲

2017年発売、yozuca*「15年目の女」勇者のマント 作曲・編曲